墓石が無くても、お寺や霊園で永代供養

  • 自然葬ってどんなもの?

    • 送葬のために遺骨を細かく砕いて、山や海などにまくことを「散骨」といい、90年代ごろから新しい埋葬形式として注目され始めました。



      その当時、散骨のことを、従来のような墓石を用いた方法とは異なり、遺骨を直接自然に還すことを目的としていることから「自然葬」とも呼んでいました(最初に自然葬という言葉が使われたのは、19991年に市民団体の「送葬の自由をすすめる会」が遺灰を海にまく送葬を行った時であると言われています)。


      しかし今では、このような送葬方法は、それぞれ「海洋葬」、「山岳葬」などと呼ばれ、自然葬とは別のものとされています。



      現在、自然葬という言葉を使う場合、主に樹木葬のことを指す場合が多いです。
      樹木葬とは、山の中の雑木林の地面を深く掘り、遺骨を直接埋葬し、土をかぶせたら、墓標として花木を植える、という送葬の仕方のことです。



      植える花木は山つつじなどの墓地の雰囲気に合った低木類が選ばれることが多いです。



      そこには墓石や骨堂などの人工物は一切設置されていません。



      また、山火事などに対する配慮のため、線香の使用は禁止されており、代わりに専用の焼香炉を使用します。

      最近、樹木葬を行う施設は徐々に増えつつありますが、その中でも特に注目されているのが、日本人の好きな桜の木を集合墓地のシンボルとした「桜葬」です。



      樹木葬の多くは宗旨宗派の規制がなく、管理料の必要もないため、今後さらに利用されるケースが増えるのではないかと言われています。

  • 関連リンク