墓石が無くても、お寺や霊園で永代供養

  • 永代供養をしてほしい

    • 最近では、結婚しない人も増えています。



      そして、離婚をする数も増加しています。

      現在の高齢化にすすんでいる日本では、孤独死が問題になっています。



      子供や親族が、いても離れたところで暮らしていることもあり、昔のようにお墓参りにきてもらう可能性は難しいです。

      また、一人で生きてきた人達にとってもそれは同じことです。



      そのお墓問題と関係して、今は永代供養をしてもらえるところに人気があります。

      自分が死んだあと、誰もきてもらえないのは寂しいと考える人が多くいます。


      一人で生きてきても、やはり死んだあとは供養をして欲しいと願うのです。

      永代供養は、一度料金を払うとあとは一切の費用もかからずにすみます。



      事前に永代供養を、予約しておくともしものときには安心です。

      ここでは、1年に春と秋の彼岸とお盆にはキチンと供養をしてもらえます。また、普段から掃除などもかかさず快適な環境で永眠ができます。
      一人でいると、心配なことが自分の死んだ後のことです。
      最近は、元気なときに見学にくる方も多く、自然の中で静かに安らかに眠ることができます。



      心配な、供養も手厚くしてもらう費用も一度ですむことも安心材料になります。


      人は誰でも、亡くなります。自分の死後の住処を決めることがこの先の人生にも安心という希望がうまれます。

      生きているときに、死ぬことを考えるのは縁起が悪いとされてきたのは昔のことです。

      現代は、自分の死後はキチンと決めておくことが常識になっています。



  • 関連リンク

    • 送葬のために遺骨を細かく砕いて、山や海などにまくことを「散骨」といい、90年代ごろから新しい埋葬形式として注目され始めました。その当時、散骨のことを、従来のような墓石を用いた方法とは異なり、遺骨を直接自然に還すことを目的としていることから「自然葬」とも呼んでいました(最初に自然葬という言葉が使われたのは、19991年に市民団体の「送葬の自由をすすめる会」が遺灰を海にまく送葬を行った時であると言われています)。...

    • 永代供養を利用しようと思っている場合、納骨の方法について知っておくようにしましょう。永代供養のための納骨の方法には、いろいろなものがあります。...